不動産売却

岐阜県 不動産査定

岐阜県の不動産査定と県内の不動産の特長について

岐阜県は日本のほぼ中心にあるところで、多くの県に隣接しているという特長がある。人口は約208万人で、面積は約1万621平方キロメートルとなっている。北部は飛騨地方といわれ、標高が3000メートルを超えるたくさんの山が連なっている。南部の美濃地域では、たくさんの川が流れ自然豊かなところとなっている。標高の差が激しいと言うことで、地域によって気温に差があるところが多く、このような気候を利用してトマトやほうれん草などの野菜がたくさん栽培されている。岐阜県の不動産取引に関しては、県庁所在地の岐阜県が一番多くなっている。その数は約3800件となっている。その次に多いのが大垣市で1350件である。不動産査定の際には、都市化が進んでいる地域に集中しているという傾向がある。岐阜県の平均土地価格は、全国26位の1坪当たり19.3万円となっている。価格が高いのは岐阜市で約28万円である。その次に高いのが大垣市で約20万円である。各務原市には価格の高いマンションがたくさん建設されている。しかし人口は減少傾向にあり、土地価格の大きな上昇はないと予想されている。不動産価格に関しては、昨年と比べると一戸建て住宅の価格が上昇している。

不動産売却