不動産売却

兵庫県 不動産査定

兵庫県は土地価格が上昇しており不動産査定が必要

日本経済の回復基調が顕著になっていることもあり、三大都市圏では土地価格の上昇が見られる。兵庫県でも特に神戸は商業地の価格上昇が顕著になっている。相続税が増税になっていることもあり不動産を保有している人は不動産査定を受けておく必要がある。関西圏は首都圏と異なり人口の増加は見られないものの、海外からの訪日観光客の増加が商業地の更なる開発意欲を刺激しているため、結果として神戸の商業地の価格も上昇している。以前の日本では不動産査定は取引事例の基づいて行われるのが一般的であったが、不動産が金融商品化した結果として不動産査定も収益還元法によって査定されるようになっている。したがって土地の価値はそのポテンシャルによるところが大きくなっているので、不動産を保有している場合にはいかに収益物件としての価値を高める努力をしなければならない。不動産は立地によるところが大きいわけではあるが、その地域に即した開発をすることが重要である。これから手持ち不動産の売却をしたいと考えているのであれば、1社でも多くの不動産業者から査定を受けてみるようにした方がよい。一番望ましいのは、一括査定で複数の会社に実際に来てもらって現地査定を受けるという方法である。

不動産売却