不動産売却

岩手県 不動産査定

岩手県の不動産査定とその地域の特長について

岩手県は東北地方の北東に位置しており、太平洋に面している。件の面積は15278平方キロメートルで、すべての都道府県の中で北海道の次に広いところとなっている。県内の人口は約128万人である。この中で100万人が内陸部に住んでいるという特長がある。東北地方に位置していると言うことで、県内は豪雪地帯として有名である。大手自動車メーカの生産拠点があるため、製造業が盛んに行われているという特長がある。岩手県の不動産取引に関しては、盛岡市が最も多くなっている。2013年時点で約2700件の取引が行われている。その次に多いのが一関市や奥州市でその数が約1000件となっている。最近では盛岡市中心部と生活の質の差が少なくなっていると言うことから、郊外の不動産取引の件数が増加傾向にある。不動産査定の基準となる坪単価に関しては、県全体の平均が11万円となっている。不動産査定では、2012年と比較してみると3.51パーセント低くなっている。しかし盛岡市が近年発展していると言うことから、今後坪単価の上昇が予想されている。

不動産売却