不動産売却

香川県 不動産査定

香川県の不動産査定やその地域の特長

香川県は高松市が県庁所在地となっている。四国の北東部に存在しており人口が約98万人となっている。とくに高松市は四国の中で最も発達しているところで、大型商業施設やそのほかにさまざまな施設が集中しているところである。しかし香川県全体を見てみると自然が豊かなところもいくつかあり、これを利用してミカンやレタスや米などの農業が盛んに行われている。不動産の取引件数は、温暖な気候に加え堅実な人も多いと言うことから比較的安定した数字となっている。不動産査定の際のポイントとなる坪単価は、都市部と郊外ではある程度の差が生じている。したがってこれが不動産査定に影響することもあるが、マンション売却を検討しているときには、坪単価を把握しておくことが大切である。2013年度の高松市の坪単価は23.2万円となっている。その次に高いのは丸亀市で15,2万円、坂出市が14.1万円と続いている。香川県の土地取引件数は、高松市で4391件となっている。

香川県で不動産一括査定を利用するメリット

手持ち不動産を売却する方法は、大雑把に3種類に分けることができる。1つは個人的に知人等に売るという方法である。個人間の売買であれば手数料を支払ったりする必要がないので、余計な費用が発生しないというメリットがある。しかし、複雑な売買手続きを全部自分で行わなくてはならなくなるので、結構大変な思いをすることになる。2つめは、不動産業者に売買の仲介を依頼する方法である。この場合は当然のことながら仲介手数料が発生する。そして3つめが不動産一括査定を利用するという方法である。たとえば香川県内には不動産業者が結構たくさんいる。香川県内で営業している普通の不動産業者に売買の仲介を依頼した場合は、だいたい3%程度の仲介手数料を取られることになるが、不動産一括査定を利用した場合はその手数料が不要になる。なぜかというと、業者自身が売買契約の当事者になるためである。また、必ず買ってもらうことができるので、急いで売る必要に迫られている時には重宝することができる。

不動産売却