不動産売却

鹿児島県 不動産査定

鹿児島県不動産鑑定士協会の不動産査定

公益社団法人「鹿児島県不動産鑑定士協会」は、平成8年1月5日に鹿児島県知事によって認可を受け、設立された協会なのである。そもそも不動産鑑定士とは、不動産の評価に関係する法律によって、制定された国家資格に合格した、不動産のスペシャリストのことである。現在、30名を超える鹿児島の不動産鑑定士が、会員として入会しているのである。不動産を買いたい、売りたいと思っている時には、まずは不動産査定を行い、その正しい価値を知ることが重要なのである。また、相続財産の土地・建物の適切な不動産査定価格によって、公平に相続の分配ができるのである。さらに、不動産を担保にする時や、不動産を賃貸借する時、課税上の不服申し立てなどを行なう時など、生活のさまざまなシーンで不動産査定が必要な時がある。公益社団法人「鹿児島不動産鑑定士協会」の会員は、研修会によって資質の向上が図られいる。当サイトでも多数の業者の登録がある。

鹿児島県の不動産とその地域の特長について

鹿児島県は九州の南部に位置している。人口は約167万人で、面積は9288平方キロメートルとなっている。これは実に東京の約4倍となっている。鹿児島県の特長は、南北に600キロメートルの距離があり、世界遺産の屋久島や種子島宇宙センターなど自然に恵まれた穏やかな地域となっている。桜島などの火山があるということで、農業が盛んに行われている。不動産取引に関しては、平成25年度の土地取引件数は、鹿児島市で最も多く約6500件となっている。ほとんどの地域で100件前後、またそれ以上の不動産の売買が行われている。平均坪単価は約17,4万円となっている。最も価格が高くなっているのは、鹿児島市で約45万円である。この地域の土地価格は比較的高い水準となっており、不動産取引件数に関しても、他の都市と比べると平均価格の倍以上となっている。土地価格が下がってはいるものの不動産の取引件数は増えており、マンションなどの集合住宅よりも、一戸建て住宅の方が売却しやすい傾向がある。

不動産売却