不動産売却

仙台 不動産査定

仙台での不動産査定は需要がある今が有利である。

東北地方の中心といえば仙台というのは昔から変わっていないのである。新幹線ができて東京都の距離が近くなり発展をしてきた歴史のあるまちであり、緑豊かな杜の都が仙台なのである。そうした昔から東北の中心として栄えてきた仙台であるが巨大広域災害である東日本大震災後の中古住宅の不動産査定は非常に有利な状況にあるのである。東日本大震災では宮城県をはじめとして岩手県、福島県で地震の被害もさることながら、津波で多くの死者と多くの住宅が流されるという事態となったのである。そして、この災害の影響で沿岸部から移住する人が増え、また、避難してくる人が増えたのである。その行き先がやはり東北地方の中心都市である仙台に集中をしたということなのである。もともと東北地方の中心で吸引力のあった震災を契機に都市がさらに需要が高まっており、中古住宅の需要も多いことから中古住宅の不動産査定や土地の不動産査定は非常に売る側には有利な数字を得ることができるのである。実際に仙台では人口は未だに増え続けており、住宅の需要は極めて高いのである。

不動産売却