不動産売却

宮崎県 不動産査定

宮崎県の不動産買取や土地や人口の特長に関して

宮崎県は日本列島の南に位置し、暖かく過ごしやすいところとなっている。人口は全国で36位の約112万人で面積も77万へ移行キロメートルとなっている。面積は全国14位の都道府県である。宮崎県の不動産査定に関しては、不動産売買も盛んに行われているが、その目安となる持ち家率は全国26位で、宮崎市が最も多く取引されている。その次に都城市で次に延岡市となっている。取引が少ない地域では取引の数が50件未満となっている。この持ち家の延べ床面積は全国39位と持ち家に対する意識がそれほど高くないと言うことが伺える。宮崎県は住居の占める割合が非常に高く、73.6パーセントとなっている。すなわち土地のほとんどが住宅に使われていると言うことになる。したがって不動産買取の際、平均土地価格が全国40位の1坪当たり14.1万円と安くなっている。最も土地価格の高い市内でも20万円である。不動産査定の際の指標となる坪単価は、平均で11.3万円となっている。県内では宮崎市が一番高く約19万円である。その次に高いのは延岡市、日南市で約10万円となっている。最も価格が安いところでは坪単価が1万円と言うところもあり、地域間で格差が広がっているという特長がある。マンション取引数は全体的に上がっている。県全体と主要都市の土地の取引件数に関しては1年を通して平均的に行われているが1月は少ない傾向にあり、逆に3月と10月は多くなっている。住宅事情に関しては一戸建てやマンションの売却は買い手が少ないという傾向がある。したがって早めに不動産会社へ依頼をすることが望ましい。

不動産売却