不動産売却

長野県 不動産査定

長野県特有の不動産査定で知っておきたいこと

長野県の不動産査定で知っておきたいポイントがある。1つ目は不動産査定の参考にする時期である。長野県は夏と冬とでは雪により暮らしぶりが大きく異なることがある。夏場は高い価格で売買されているのに対し、冬は夏より安く売買されている。そのため不動産査定では過去の実績を参考にするが、その参考が夏の相場か冬の相場か異なる。どの時期の相場を参考にしているのか注意する必要がある。2つ目は査定方法である。一般的に長野県は一戸建てが多い。本来であれば原価法という方法で査定するのが一般的である。しかし査定業者によっては投資用不動産で用いる収益還元法で査定したりする。どのような方法で査定しているのか注意する必要がある。3つ目は売却依頼をする不動産会社をどのように決めるかである。高く売りたいと思うため、高く査定した不動産会社に売却依頼をしたいところではあるが、夏と冬で相場がことなるため時期を逃すと安く売却せざるを得なくなる。そのため、すぐに売却成立ができる不動産会社を選ぶと良い。

不動産売却