不動産売却

奈良県 不動産査定

奈良県の不動産査定とその地域の特長について

奈良県で不動産査定を考えている人は、まずはその地域の特長をしっかりと把握しておくことで高く売ることができる。奈良県は近畿地方の中南部に位置しており、推計人口は全国で30位の約138万人で、面積は全国で40位という小さな県である。非常に歴史のあるところで、京都と並んで古都と呼ばれることも多い。観光産業が発達しており、県の経済的な財源となっている。奈良県にはたくさんの所に寺社仏閣などの歴史的建造物が存在し、ユネスコ世界遺産に登録されている建物もたくさんある。自然と古い町並みが現在でも残っているので、近代的な現在の生活とは違った住みやすさを感じることができる。不動産査定では、坪単価が平均で1坪当たり40万円となっている。吉野郡は奈良市と比べると坪単価の差が約39万円もある。これはマンション売却の際に大きく関わってくるので、売却を考えている人はしっかりと把握をしておくようにする。不動産査定に関しては、関連取引の地域差が非常に大きい県となっている。人口や県内総生産に関しては低くなっているが、その分持ち家率が高いという特長がある。持ち家率が高いと言うことで、不動産売買は非常に活発に行われている。しかし最近の全国的な傾向で、土地価格は下降し続けているので、少しでも高く売りたいと考えているときには早めに行動に移すことが大切である。奈良県の土地価格は全国で14位の1坪当たり25.6万円となっている。近畿に位置しているということもあり、不動産価格の面から見ると土地価格は高い傾向にある。しかし奈良県の土地価格は最近10年で10万円近く下がっている。中古住宅の取引件数は少し上昇しているが、都市部と過疎地では大きな差があるというのが現状となっている。間取りで見ると3LDKが最も多くなっている。

不動産売却