不動産売却

沖縄県 不動産査定

沖縄にある不動産査定サービスの特徴について

沖縄は日本国内の中でも不動産売買が比較的活発に行われている地域である。昔から住んでいる人に加え、その暖かい気候を求めて域外から移住してくる人も多いため、不動産売買件数が多いのである。不動産の売買が多いため、不動産査定サービスを提供している業者の数は多い。沖縄の不動産査定サービスに関して特長的なのは、大手不動産業者よりも地場の中小不動産業者の存在感が高いという点である。沖縄は本島の中でも地域によって不動産取引の慣行が大きく異なる。また大手不動産業者があまりカバーしていない離島も数多くある。そのため、こうした地域では地場の不動産業者が高いプレゼンスを有しており、こうした地場の不動産業者の査定サービスを利用する人が多いのである。不動産査定サービスそのものについては一般的なサービスと殆ど同じであり、売買を行う前に査定額の見積もりを行い、その価格をベースに取引希望者を募るという流れとなるのが一般的である。

沖縄県の不動産の状況とその地域の特長について

沖縄県は日本列島で最南端の所に位置している。ここの人口は、全国で27位の約142万人で、面積は全国で44位と小さな都道府県となっている。この地域の特長は、いくつもの小さな島からできていると言うことである。したがって不動産査定の際に、土地価格が島によってさまざまなである。観光地として非常に有名となっているので、場所によっては高い金額で不動産の取引が行われることもある。沖縄県の土地価格は、全国で12位の1坪当たり28.9万円となっている。これは日本全体で見ると少し高い傾向がある。しかし土地価格は最近では下がってきている。土地の取引件数は1万4539県で、これは前の年と比べると424件増えている。土地の価格は下がっているものの、決して土地が売れなくなっているという状態でないことがわかる。住宅取引に関しては、ほかの都道府県と比べると少ない傾向にある。1年間の間で100件未満の取引しか行われていないというのが現状である。

不動産売却