不動産売却

島根県 不動産査定

島根の不動産査定とその地域の特長について

島根県で不動産を売却する際には、まずは不動産査定を行ってもらう必要がある。その前に島根県の特長をしっかりと把握しておくことが大切である。山陰地方の西側に位置するこの県は、面積は全国19位の人口が全国で46位の約69万人の県内のGDPを表す県内総生産に関しては、全国で45位とそれほど活発ではない県で日本海側気候となっている。沿岸部は冬でも雪が降ると言うことはあまりなく、比較的暖かく過ごすことができる。漁業が盛んに行われ、漁獲量も多くなっている。島根県は決して都会といわれるような発展をしていないが、歴史的に見ると非常におもしろい土地柄である。世界の半分の銀を担っていたと言われるほどの銀山もある。不動産査定の際には坪単価に関しても把握しておく必要がある。2013年度の調査によると、島根県の土地価格は全国36位の1坪当たり15.2万円となっており、県庁所在地である松江市で1坪当たり17万円となっている。土地取引件数は出雲市が最も多くなっている。その次に多いのが松江市で、この2つの地域が不動産売却額の際にも優遇されている。土地価格はゆっくりと下落しているがほかの地域と比べると比較的安定していると言うことが見て取れる。ここ数年の土地取引に関しては、ほぼ横ばい状態で増えたり減ったりの繰り返しであり、不動産査定や取引の半分近い値を、松江市と出雲市で記録している。したがって売却を検討している場合には、早めに準備をしておくようにする方が良い。

不動産売却