不動産売却

徳島県 不動産査定

徳島県の不動産査定の賢い方法

不動産査定を依頼する先は様々なあるのであるが、実際に一般の人はそれほど多くの不動産業者に査定を依頼しないケースが多いのである。徳島でもそうなのだが、多くの不動産業者を査定をしてもらうのに回るというのは正直なかなか骨の折れる仕事なのである。一般の人からすれば不動産の売却はただでさえ引越しや物の片付け、場合によっては相続の問題の処理なども含めて非常に手間のかかるものなのである。そのため「早く処分をしてしまいたい」という気持ちがどうしてもあり、知り合いの不動産屋や近所の不動産屋などに依頼をしてそれで終わり、後は査定結果を貰ってそれで決定ということが多いのが実情である。しかし不動産をほしい人は実はそれなりにいるので、そうした査定結果以上の不動産査定がしてもらえる可能性は徳島でももちろんあるのである。今はネットの時代であるため、インターネットで不動産の一括査定サービスを上手に使って不動産を売却するのが高い不動産査定を得て高く処分するこつなのである。

徳島県の不動産取引状況や特長について

徳島県内の人口は全国で第44位の約77万人となっている。面積は全国で第36位の比較的小さな都道府県となっている。不動産取引に関しては土地の取引件数が四国地方で最も低いという特長がある。したがって不動産売買もそれほど盛んに行われていないので、売り手にとっては買い手を見つけるのが少し難しい傾向にある。徳島県の持ち家率は全国的に高めとなっている。県内の総生産ランキングを見たときに、徳島県は下位にあるなど日本全国で見ると活発に経済活動が行われていると言うことがないが、土地価格を見たときに、県全体では1坪当たり22.1万円で高い水準を誇っていることがわかる。土地の取引件数も全国で45位と活発ではなく、今後もこれが変化することはないと予想されている。一戸建て住宅やマンションの買い手も少ないので早めに準備をしておくことが大切である。

不動産売却