不動産売却

東京都 不動産査定

東京での不動産査定で押さえておきたいポイント

東京の不動産査定で押さえておきたいポイントは3つである。1つ目は査定方法の違いである。査定方法は3つあり、取引事例比較法、収益還元法、原価法である。査定する物件によって査定法が異なり、投資用不動産であれば収益還元法であったり、一戸建てであれば原価法を用いられるなど、どの査定方法で査定されたのか理解しておく必要がある。2つ目は不動産査定に対する考え方の違いである。実際に類似の物件の取引金額を参考にするが、過去の安い価格で取引された事例を参考にするのか、高い価格で取引された事例を参考にするのでは大きく査定額が変わってくる。東京では23区内では過去の高い事例を、23区外では過去の低い事例を参考にするので知っておく必要がある。3つ目はどの不動産会社に売却を依頼すべきかである。普通に考えれば高い査定金額を出した不動産会社について売却依頼をするのが良いと思われるが、東京の不動産会社が徐々に値下げを提案してくる事例が多い。そのため、査定額が中間くらいの不動産会社に任せるとその査定額通りに売却が成立しやすい傾向にある。

不動産売却