不動産売却

鳥取県 不動産査定

鳥取で不動産査定を受けてみるにはどうすれば良いか

鳥取県は日本で最も人口が少なく面積は全国で41位という都道府県である。県内の生産量を表す指数として県内総生産があるが日本で47位と最も少なくなっている。したがって不動産の取引は活発に行われてはいない。鳥取での不動産の売買状況はどうであろうか。中国地方では雪が多く降る県として有名なため、それなりの設備を有している家屋でなければ不動産査定を受けても納得の行く価格での販売は難しいのではないだろうか。また、市内であればあまり影響を受けることも無いであろうが、河岸沿いに建築された家屋はどうしても海の潮の影響を受け劣化が多いものも出回っているので、立地条件によっては土地や住宅の買い手が見つからないと言うことも珍しくないので不動産の売買が比較的難しい都道府県となっている。鳥取県の土地価格は全国で42位の1坪当たり13.8万円となっている。平均値を上げているのは鳥取市や米子市となっている。土地価格は下落しているが、その幅は決して大きいというものではない。人口の増加率や高齢化などで土地価格がこの先上がると言うことは予想されていないので、不要になることがわかっていれば早めに売却をする方がよい。土地の取り引きに関しては1年を通して一定数の取引が行われている。家屋を売買するときはいくらかのメンテナンスを行ってから、複数の業者に不動産査定の依頼をするのが良いであろう。しかし人口の流入もあるので購入希望者も多い様である。

不動産売却