不動産売却

山梨県 不動産査定

山梨県の不動産査定と地域の特長について

山梨県の人口は全国で第41位で約84万人、面積は4465平方キロメートルと全国で第32位と比較的小さな都道府県となっている。山梨県の平均土地価格は全国で34位と比較的安くなっている。不動産に関して土地の取引件数は増減を繰り返しているというような状況である。開発があまり盛んな土地ではないので、不動産に関して土地の取引件数があまり変動しにくい都道府県となっている。住宅取引に関しては、都市部の甲府や近隣都市での件数が伸びているが、価格の下落幅は減少傾向にある。山梨県は東京都や神奈川県の近くにあるということで、首都圏へ通勤や通学をするベットタウンとなっているので甲府地方は比較的平坦な土地が広がっていると言うことで、不動産査定に関する指標として坪単価があるが、2013年の坪単価は11.8万円となっている。前年の2012年と比べると少し下落しており、全国で比較をすると38位の坪単価となっている。山梨県の郊外に大型の商業施設が出店しているが、中心部は人口が減少していると言うことから、不動産査定に大きく影響していると言える。山梨県は土地取引の多い地域となっているが、バブル期を境に取引の数が減少している。しかし県を代表する精密機械の工場が多いことから、地価の上昇が期待されている。

不動産売却